フィールドの制限

kBackup、kintoneの基本機能で、どのフィールド項目のデータを書き出しや読み込み(リストア)ができるのかをご確認ください。
※kBackupの未対応項目については、kintoneのAPIが拡充され次第、順次対応を予定しております。

  kBackup基本機能kintone基本機能
項番フィールド名CSV書き出しリストアテンプレート書き出しCSV書き出しCSV読み込み
1ラベル----
2文字列(1行) 
3リッチエディター 
4文字列(複数行) 
5数値 
6計算- -
7ラジオボタン 
8チェックボックス 
9複数選択 
10ドロップダウン 
11日付 
12時刻 
13日時 
14添付ファイル- --
15リンク 
16ユーザー選択 
17組織選択--
18グループ選択--
19関連レコード一覧----
20ルックアップ○※1 ○※1
21レコード番号-- -
22作成者- -
23作成日時- -
24更新者- -
25更新日時- -
26テーブル内フィールド 
27グループ----
28カテゴリー-- -
29ステータス-- -
30作業者-- -
31コメント-※2 --
32変更履歴-- --
※1「コピー元のフィールド」で「値の重複を禁止する」を選択する必要があります。
※2 kintoneでAPIコール数の制限がある限り、現状のAPIでは実装が難しい部分となっております。kintoneのAPIコール数の制限が撤廃されるか、現状のAPIの仕様が変更されたら、実装を検討致します。なお、kintonenのAPIに関してはサイボウズ社までお問い合わせくださいませ。