リストア方法

  1. リストアの準備

    1-1.リストア先のkintoneアプリ作成(1レコードリストアの場合は必要ありません)
    リストア先になるkintoneアプリを新規作成します。
    アプリテンプレートを登録している場合は、「アプリテンプレートの管理」に登録されているテンプレートを利用して、kintoneアプリを新規作成します。
    アプリテンプレートにしていない場合は、kintoneでアプリを新規作成の際、「ほかのアプリを再利用」を選択し、該当のアプリと同じ構造のアプリを作成します。
    上記2パターンでのアプリ作成ができず、該当アプリの再現ができない場合、手順2-3でアプリを構成している各フィールドのフィールドコードを再現します。
    1-2.削除ユーザーの確認
    削除されたkintoneユーザーの情報がバックアップされている場合、使用中ユーザーと入れ替えてリストアします。
    削除されたユーザーと入れ替えるユーザーを誰にするのか、事前に確認を行います。
    1-3.cybozu.com共通管理権限の付与
    APIを利用してレコード追加をする際、リストア作業に必要な自動入力フィールド(作成日時、作成者、更新日時、更新者)へのデータ入力にcybozu.com共通管理権限が必要となります。
    kintone接続設定に指定しているユーザーにcybozu.com共通管理権限を付与していただくか、権限を持ったユーザーをkintone接続設定に登録してください。
  2. リストアの手順

    2-1.リストアするkBackupにログイン後、「定期バックアップ」もしくは「オンラインバックアップ」の中から、リストアしたい日時のデータを選択し、「リストアする」をクリックします。
    2-2.リストアにおける注意点をご確認ください。
    2-3.フィールドコード一覧「このバックアップに含まれているフィールドコード一覧」でアプリを構成するフィールド情報がリストア先のアプリと同一であることを確認します。
    2-4.リストアチェック「リストア先kintoneアプリURL」を入力し、「リストアチェック」ボタンをクリックします。
    2-5.リストア問題無く「リストアチェック」が完了すれば、そのままリストアが可能です。
    「ラジオボタン」を後から追加した場合、それまでのレコードに関してはラジオボタンのフィールドが値無しで登録されます。
    ラジオボタンは値無しではリストアができないので、それらのレコードに関してはラジオボタンの設定で指定されている初期値でリストアされます。
  3. 「リストアチェック」において、エラーが出た場合の対応方法

    3-1.フィールドのチェック「フィールドのチェック」でエラーが出た場合、フィールドを修正する必要があります。
    リストアできないフィールド「リストアできないフィールド」の内容を参考にしながら、フィールドを追加/編集する必要があります。バックアップ時に存在していたフィールド、また選択肢を追加し、下記画面のチェックを付けます。
    3-2.ユーザーのチェック「ユーザーのチェック」でエラーが出た場合、ユーザーへの処理方法を選択する必要があります。
    リストアできないユーザー既に削除され、現在リストアできないユーザーに関してはエラーが出ます。その場合、リストアのための処理として「無視」もしくは「入れ替え」が可能です。「作成者」「更新者」に関しては無視することができず、必ず「入れ替え」処理を行う必要があります。
    ユーザーの詳細設定複数のユーザーを削除している場合、リストアできないユーザーへの処理は一括設定になりますが、任意で「ユーザーの詳細設定」から個別の設定も可能です。特定のユーザーに対する特定の処理を、ここで設定します。
    3-3.リストアするエラー解消後、フィールドのチェックを再度行い、「リストアする」ボタンになれば、リストアが可能な状態です。「リストアする」をクリックし、リストアが完了するまでしばらくお待ち下さい。