アプリテンプレートの管理方法

アプリのテンプレート化

  1. ネジのマークポータル画面右上のネジのマークをクリックします。
  2. kintoneシステム管理kintoneシステム管理を選択します。
  3. アプリテンプレートアプリテンプレートを選択します。
  4. 作成をクリック作成をクリックします。
  5. アプリを選択テンプレート化したいアプリを選択し、次へをクリックします。
  6. 保存テンプレート名、アイコン等を設定し、保存します。

アプリテンプレートを書き出す

  1. ~3.は上記アプリのテンプレート化と同じです。
  1. 書き出すをクリック書き出すをクリックします。
  2. アプリテンプレートにチェック書き出しを行うアプリテンプレートにチェックを入れます。
  3. 書き出すをクリック書き出すをクリックします。
  4. ファイル名を入力ファイル名を入力し、書き出すをクリックします。

アプリテンプレートを読み込む

  1. ~3.は上記アプリのテンプレート化と同じです。
  1. 読み込むをクリック読み込むをクリックします。
  2. ファイルを選択参照をクリックし、読み込むファイルを選択します。
  3. 読み込むをクリック読み込むをクリックします。

※ルックアップ機能をお使いの場合

ルックアップ機能を利用しているアプリを削除してしまった場合、テンプレートから作成したアプリだと、ルックアップ先のアプリにもリストアを行う必要が出てきます。
そのため、ルックアップ機能を利用しているアプリは、アプリのテンプレート化ではなく、アプリを再利用して作成しておくことをおすすめします。

以下では、案件管理アプリに顧客リストアプリからルックアップする設定を行っているアプリを例に説明しています。

案件管理アプリに顧客リストアプリからルックアップする設定

テンプレートから(新)案件管理アプリを作成する場合

ルックアップ機能を利用している(旧)案件管理アプリをテンプレート化すると、ルックアップ先である(旧)顧客リストアプリも同時にテンプレート化され、「(新)案件管理アプリ」と「(新)顧客リストアプリ」が作成されます。
このまま(新)案件管理アプリにリストアを行おうとすると、連携している(新)顧客リストアプリにはレコードが存在していないため、リストアすることができません。

(新)案件管理アプリをテンプレート化した場合は、まずは(新)顧客リストアプリに(旧)顧客リストアプリのデータをリストアしてから、(新)案件管理アプリのデータのリストアを行う必要があります。

ほかのアプリを再利用から(新)案件管理アプリを作成する場合

ほかのアプリを再利用から(新)案件管理アプリを作成した場合は、ルックアップ先となる顧客リストアプリは(旧)顧客リストアプリのままです。 (旧)顧客リストアプリにはデータが入っている状態のため、そのまま(新)案件管理アプリにリストア作業を行うことが可能です。

アプリを再利用する方法は、ほかのアプリを再利用して新しく作成する(kintoneヘルプ)をご確認ください。